書き込み制限について

出会い掲示板内で、自分の書き込みを目立たせるためのテクニックというものは、確かに目立つことが出来るのですが、限界があるというのが難点です。
限界というのは、掲示板の書き込み制限と呼ばれるものです。
掲示板の書き込み制限は、同じ掲示板に対して、1人の人が書き込みすることが出来るのは3時間に1回などといったように、書き込みする回数や頻度に制限をかけているのです。
前の記事で書いたテクニックを利用して、掲示板を更新する人が多いので、こうした制限を設けているのです。
自分の書き込みを目立たせたいと思うのはみんな同じ気持ちなので、こうしたテクニックを知るとみんな使いたがるのですが、それもたくさんの人が一気にしてしまうと効果も薄くなりますし、同じ人の書き込みばかりではつまらないので、こうした制限を設けるようになったようです。
掲示板に書き込みするのをこのように制限しているのですが、中には書き込みされたものに対してメールを送るのにも何時間に1回といったような制限を設けているサイトもあるようです。
男性会員の中には、相手を見極めることなく手当たり次第にコピペでメールを送りまくる人がいるようで、こうした行為を避けるためにも、制限を設けているようです。
確かに、本当に気にいった女性にだけメールを送るのであれば、時間の制限があっても十分事足りることだと思います。
こういった掲示板ですと、手当たりしだいにメールを送りまくるスパム行為がなくなるので、掲示板自体も荒れずに済む利点があります。
こういった制限がかかっている掲示板で、自分の書き込みを目立たせようとする場合には、制限がかかっている時間ぎりぎりに新しい書き込みをするしかないでしょう。
他にも、フリーメールなどを利用して、自分とは違う複数のidを発行して、そのidを利用して、別の書き込みをするという手法もあるようです。
これもスパム行為と取られるわけですが、いくらユーザー削除をしてもどんどん発行してくるのでいたちごっこのようになっているようです。